貯金のできるアプリ・しらたまとは?

世の中、三日坊主で終わることはいっぱいありますが、その中でも典型と言えるのが貯金です。子供から大人まで途中で挫折した人の数は計り知れない数となっています。

そんな貯金を半強制的に実行してくれるアプリがあり、それが「しらたま」です。運営している企業は家計簿アプリで有名なマネーフォワードです。

ちなみに、名前の由来は「知ら(しら)」ずに「貯ま(たま)」るから来ています。

住信SBIネット銀行との提携

しらたまのアプリ(無料、iPhoneのみ)をダウンロードすると、連携する銀行(住信SBIネット銀行のみ)に「目的別口座」を開設することになります。

必然的に、しらたまを利用するには住信SBIネット銀行の代表口座の開設が必要です。また、「おつり貯金」を利用する場合は家計簿アプリのマネーフォワードをインストールして登録し、クレジットカードの設定をしなければなりません。

なお、住信SBIネット銀行における目的別口座というのは、入出金を扱う「代表口座」とは別に、自分で自由に作れる「仮想口座」のことです。

例えば、「結婚資金のための口座」や「車の購入資金を貯める口座」など、好きな名前を付けることができ、目標金額や目標期間を定められる5つの自分専用の口座を任意に設けることができます。

そして、目的別口座と代表口座間の資金移動は無料で行えます。

このように、しらたまアプリと住信SBIネット銀行の口座を連携すると、住信SBIネット銀行の口座内に自動的にしらたまで貯めたお金専用の目的別口座が作られます。

なお、しらたま口座も預金口座に変わりはないため、残高に対する利子が付きます。

しらたまの設定方法

しらたまの設定は、まず住信SBIネット銀行とアプリを連携します。しらたま経由で住信SBIネット銀行のWEBサイトにログインし、しらたまへの情報提供と取引指示に同意するだけで終了します。

次に、「貯金箱」に以下の4つの設定をします。
・つみたて貯金における1日の貯金額
・おつり貯金で支払に使う金銭
・目標金額
・目標期間

2種類の貯金方法とは?

しらたまには「つみたて」と「おつり貯金」という2種類の貯金方法があります。つみたては積立定期預金のように毎日決まった金額(100円~)を積立てていく方法です。

おつり貯金

おつり貯金は一定の金額(100円、500円、1,000円)を設定すると、買物の代金を「すべて100円玉、500円玉、1,000円札」で支払いをしたと仮定し、おつりとして出た金額が自動的に貯金に回されます。

おつり貯金の仕組み

例えば、買い物の代金として360円をクレジットカードで支払ったとします。その場合はそれぞれの設定金額に対し、以下の金額がおつりとして算出されます。
・100円の場合は40円(100円×4枚-360円)
・500円の場合は140円(500円-360円)
・1,000円の場合は640円(1,000円-360円)

また、500円に設定した場合で1,120円の買い物をすると、(500円×3枚)-1,120円=380円がおつりとなります。

設定が100円の場合は、(100円×12枚)-1,120円=80円がおつりです。そして、しらたまによって算出されたおつりの金額が住信SBIネット銀行の代表口座から目的別口座に振り替えられます。

貯金額の確認、目標金額の達成

トップ画面の「貯金箱」をタップすると、貯まった金額が確認できます。金額は数字だけではなく、硬貨ごとにイラストで表示されるため、どのような貯まり方をしたのかがよくわかります。

そして、目標金額に達成すると「貯金箱を割る」ことができ、お金が代表口座に振り替えられるため、いつでも引き出せるようになります。

また、住信SBIネット銀行のATM利用手数料は毎月2回まで無料です。ところで、アプリの貯金箱を割るには何回も続けてタップします。

家計簿アプリと連携

しらたまは家計簿アプリのマネーフォワードと連携していることから、クレジットカード明細や貯金情報が家計簿へ反映されます。

住信SBIネット銀行のMIRAINO CARD(ミライノカード)

住信SBIネット銀行にはMIRAINO CARDというクレジットカードがあり(年会費900円、年間10万円の利用で無料)、1,000円ごとにミライノポイントが5ポイント(還元率0.5%)付与されます。

また、ミライノポイントをスマプロポイントに交換すると還元率が1.0%にアップし、さらにキャッシュバックしてもらうこともできます。

貯金というのは、自分が持っているお金を出す形だとできないものですが、半強制的にお金を取られると、結構貯められるものです。

なお、クレジットカードは頻繁に買い物に使うメインカードを設定しないと、なかなかお金が貯まりません。

消費者金融おすすめなどで、貯金ができずにいつも借りてしまう人は、借り癖を治す意味でも、半強制的に貯金する方向に持っていた方が良いと思われます。