消費貸借契約・使用貸借契約・賃貸借契約の違いとは?

物を借りる契約には色々なものがありますが、よく混同されるものに「消費貸借契約・使用貸借契約・賃貸借契約」があります。

消費貸借契約とは?

消費貸借契約とはその言葉通り、借主が貸主から受け取った金銭やその他の物をいったん「消費し」、後で同種、同等、同量の物を返還することを約束する契約です。現在では消費貸借契約といえば金銭消費貸借ですが、昔は食料品が対象になっていたことがあります。

消費貸借契約は借主が目的物を受け取ることが要件となる「要物契約」です。

要物契約とは、当事者の意思の合致だけでは成立せず、一方の当事者から目的物の引渡しや給付があってはじめて成立する契約のことです。

・民法第587条:「消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。」

返還時期は?

消費者金融との取引ではあり得ませんが、親族や知人との貸し借りにおいては、返済の期限が定められていないこともすくなくありません。

返還時期を定めた場合は期間満了時が借主の返還時期になりますが、返還時期を定めなかった場合は借主はいつでも返還することができ、貸主は借主が返還の準備ができるだけの「相当の期間」を定めて返還を催告することができます。

・民法第591条:「当事者が返還の時期を定めなかったときは、貸主は、返還の時期の定めの有無にかかわらず、相当の期間を定めて返還の催告をすることができる。
2、借主は、いつでも返還をすることができる。
3、当事者が返還の時期を定めた場合において、貸主は、借主がその時期の前に返還をしたことによって損害を受けたときは、借主に対し、その賠償を請求することができる。」

ちなみに、現行民法では3項がありませんでしたが、民法の改正によって3項が付け加えられました。

これは、民法第136条2項の「期限の利益は、放棄することができる。ただし、これによって相手方の利益を害することはできない。」が反映されたものです。

例えば、金銭消費貸借契約において特定の利息額を付ける契約だった場合、借主は返還時期より早く返済したとしても、約束の利息額は支払わなければならないということです。

使用貸借契約とは?

使用貸借契約とは、当事者の一方が相手方から受け取った物を「無償」で使用収益をした後、貸借期間満了時に返還することを約束する契約です。こちらも要物契約になります。

なお、無償であるため貸主とっては何の得もないことから、人間関係や信頼関係を基礎とした契約といえます。

・民法第593条:「使用貸借は、当事者の一方がある物を引き渡すことを約し、相手方がその受け取った物について無償で使用及び収益をして契約が終了したときに返還をすることを約することによって、その効力を生ずる。」

費用の負担

借用物に掛かる維持保全費用や公租公課などの通常の必要費は借主が負担しなければなりません。ただし、通常の必要費以外の費用を支出した時は貸主に対して請求することができます。

・民法第595条:「借主は、借用物の通常の必要費を負担する。 2、第583条2項の規定は、前項の通常の必要費以外の費用について準用する。」

契約の解除

借主は借用物に対する「善管注意義務」を負います。また、借主は貸主の承諾を得なければ借用物を他の誰かに又貸しすることはできません。

なお、借主が契約内容や目的物の使用方法に違反した場合、また貸主に無断で転貸借(又貸し)をした場合は貸主は契約の解除をすることができます。

・民法第594条:「借主は、契約又はその目的物の性質によって定まった用法に従い、その物の使用及び収益をしなければならない。
2、借主は、貸主の承諾を得なければ、第三者に借用物の使用又は収益をさせることができない。
3、借主が前二項の規定に違反して使用又は収益をしたときは、貸主は、契約の解除をすることができる。」

賃貸借契約とは?

賃貸借契約とは、賃貸人が賃借人に目的物を使用収益させることを約束し、賃借人がその使用収益の対価として「賃料を支払う」ことを約束する契約です。意思表示の合致によって効力が発生する「諾成契約」です。

要物契約が物の引き渡しが必要であるのに対し、諾成契約は当事者の合意のみによって成立します。

例えば、売買契約は「売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる」と定められています。

費用の負担

賃貸人は賃借人に目的物を使用収益させる義務を負い、目的物の使用収益に必要な修繕する義務を負います。また、賃貸人が保存に必要な行為をしようとする時に、賃借人はこれを拒むことはできません。

・民法第606条:「賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。 ただし、賃借人の責めに帰すべき事由によってその修繕が必要となったときは、この限りでない。
2、賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするときは、賃借人は、これを拒むことができない。」

台風で屋根が壊れたため賃借人が修理した場合、その費用は賃貸人が支払わなければなりません。

ただ、障子の張替や水道パッキンの取替、電球の玉切れなど軽微なものは特約を付して、賃借人の負担とするのが一般的です。

なお、賃借人が建物の価値を増すような有益費を支出した時は、賃貸借契約が終了した時にその価値が現存する限り、賃貸人に償還を請求することができます。

・民法第608条:「賃借人は、賃借物について賃貸人の負担に属する必要費を支出したときは、賃貸人に対し、直ちにその償還を請求することができる。
2、賃借人が賃借物について有益費を支出したときは、賃貸人は、賃貸借の終了の時に、第百九十六条第二項の規定に従い、その償還をしなければならない。ただし、裁判所は、賃貸人の請求により、その償還について相当の期限を許与することができる。」

貸借契約を結ぶ時は、各貸借契約の規定を把握しておくことが必要です。消費貸借契約、使用貸借契約、賃貸借契約について簡単に説明しましたが、どの貸借においても必ず審査は必要になってきます。カードローン審査なしで借りたい人がたまにいますが、カードローン金銭貸借契約になります。審査なしで借りれるところなどありません。必ず貸金業登録番号を調べて申込するようにしましょう。