三菱UFJニコスカード・ローンカードの特徴とは?

三菱UFJニコスカード画像
クレジットカードの最大手と言えば「三菱UFJニコスカード」ですが、三菱UFJニコスカードでもキャッシング専用のカードを発行しており、それが「ローンカード」です。

ブラックとシルバーの2色使いのシンプルなデザインになっています。入会金や年会費は要りません。

ローンカードの金利は6.0~17.6%と、最高金利が消費者金融のものより若干低くなっています。融資限度額の500万円は消費者金融と変わりません。利用条件は年齢制限以外では安定収入だけです。

申込方法はホームページにある申込用フォームに必要事項を記入して送信するだけであり、その後審査が行われます。

審査が終わると結果の連絡がありますが、審査結果は登録したパスワードによってホームページで確認することもできます。ちなみに、三菱UFJニコスカードにおまとめローンの商品はありませんので、おまとめローン審査は行っていません。

なお、三菱UFJニコスカードは貸金業者であるため、50万円を超える利用限度額を希望する場合は年収証明書の提出が必要です。カードは審査終了後、10日程度してから送られてきます。

借入はATM、インターネット、電話から行うことができます。提携ATMはメガバンクやゆうちょ銀行の他、多くの地方銀行のものが利用でき、コンビニもセブンイレブンやローソン、Enet(ファミリーマート、サンクス、他)のATMが利用できるため、探すのに手間取ることは全くありません。

インターネットの場合は、ホームページから13時までに申し込むとその日の内に所有している銀行口座に借入金を振り込んでもらえます(ゆうちょ銀行を除く)。当然、振込手数料は無料です。電話の場合も同様に、13時までにフリーダイヤルから申込むとその日の内に入金されます。

返済方法は毎月27日の口座引き落としのみであり、提携ATMからの返済はできません。ただ、追加返済の場合は提携ATMからも可能で、入金手数料も掛かりません。返済方式は元利定額残高スライド方式と元利定額リボルビング方式の2種類があります。

元利定額残高スライド方式の場合は、借入残高によって毎月の返済額が決まります。例えば、借入残高が20万円以下の場合は1万円、20万円超50万円以下の場合は1万5千円というようにスライドしていきます。

一方、元利定額リボルビング方式では利用限度額によって定められている返済額を常に支払っていきます。例えば、利用限度額が20万円超50万円以下の場合は1万5千円、50万円超100万円以下の場合は2万5千円を毎月返済することになります。借入残高が増減しても返済額は変わりません。

なお、WEBサービスに申込むと借入だけではなく、利用可能残高や取引明細もホームページ上で確認できるようになります。